S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の4話の内容をネタバレ

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の4話のネタバレとあらすじと感想

S家に嫁いだM嬢の日常と言う同人漫画の第4話のネタバレとあらすじと読んでみた感想をお話ししていきます。

こちらのS家に嫁いだM嬢の日常はヨールキパールキ先生の大人気の同人漫画になります。

 

全編ではなく途中までですが無料で読める様になっておりますので、内容のネタバレの前に中身をチェックしてみたいと言う人は、まずは無料の部分から読んでみて下さい。

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常の無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の4話の内容をネタバレ

メリーを自分の花嫁として見受けしたいと願うサルバトール伯爵の言葉によって、セ〇クスの芸術品として捧げられた彼女は、その日の晩……彼に全てを捧げ、人生の全てを夫なる人に捧げ、身も心もメリーは、彼の花嫁となったのです。

 

息をすべて吐き出ししまう程の淫らな歓喜を叫びながら、恍惚とした微笑みを浮かべたまま、メリーの処女膜は、愛おしい夫の勃起おチ▽ポに食いつかれ破かれていきます。

 

でも痛みなどは無く、苦痛など感じる事もなく、膣肉を甘噛みするように形を刻んでいくおチ□ポは心地良い感触を与え、挿入の歓喜と、喪失の快感で、今まで待ちわびていたおチ〇ポの挿入に、メリーはすっかりと歓喜に震えてしまい、夢中になって腰を振る姿は、幼く愛らしい乙女のはしゃいでいる姿に見えてしまう程に、彼女は初めてのセ△クスの快楽に堕ちてしまいます。

 

清潔な純白のふかふかのベットに、淫らな痕を残してしまう戸惑いなど気にせず、軋ませるベットの上で、処女膜を食べてしまった亀頭を子宮に包み込み、愛液を満たし膣肉で筋を締め上げていくメリーの膣は、熱い射精を待ちわび、彼女を余計に発情させてしまいます。

 

かつては初心な処女だったメリーは、もう身も心も全てサルバトール伯爵に捧げてしまい、彼女の良き妻となる為に、その淫らな身体の中に沸き立つ性欲を滾らせたまま、卑猥な欲情に駆られて膣を濡らし、亀頭に埋まる子宮を開放してしまい、射精された瞬間と共に絶頂に身を沈めてしまいます。

 

意識を焼いてしまう程の絶頂の中、もう戻れない快楽の牝奴隷となる事を望んで、愛おしい夫に全てを捧げながら、快感の底へと沈んでいくメリーは、至福を感じながら彼の花嫁となったのです……

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の4話のあらすじを紹介

メリーの人生はマスターによって買われてしまう事となり、男を誘惑するセ〇クスの芸術作品となる道を選んだ彼女は、荒縄に縛り付けられ、悶える快感に身を焦がしながら、情欲を秘めた──

 

「処女絶頂」

 

と、卑猥なる紐の下着を身に着け、隠すべき乳房と膣口と肛門を晒し、男達の性欲を刺激する淫猥な牝として、透明なアクリル板の檻の中で拘束され、荒縄に吊るされながら、精液を求めてしまう花嫁として、自分を興奮しながら見つめてくる男達に視姦されていたメリー。

 

恥ずかしいと思う気持ちなどはまるで沸かず、今、自分の全てが男の人たちにじっと見られてしまっていると、アクリル板越しに見えてしまう、沢山の勃起したおチ▽ポを向けられながら、イキリ勃ってしまうおチ□ポを慰める男性達から、無尽蔵の精液をアクリル板の檻へと吹きかけられてしまい、満たされてしまう精液の匂いで、メリーは快感の酔いに意識を混濁させてしまいます。

 

男達の性欲の花嫁となり、処女のままで何度も見ながら犯されてしまう彼女。

 

やがて宙吊りにされてしまう事が快感になり、練習中でもメリーは発情を抑えられなくなってしまいます。

 

そんな中で、メリーの下に一人の男性が通されてしまいます。

 

マスターが連れてきた、高貴な雰囲気を漂わす一人の男性。

 

メリーの晒される濡れた膣口と、悶えてしまう肛門を見られ、荒縄が食い込まれていく乳房が揺れていく彼女の姿に、男性は昂る気持ちを抑えられずにいました・

 

彼女を求めていた男性は、メリーの、この卑猥な姿に欲情と愛情を抱き、卑猥なる牝として発情している彼女に恋をしてしまったのです。

 

それが、メリーとサルバトール伯爵との運命の出逢いであり、初めての純潔を捧げる人の出逢いだったのです……

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の4話を読んだ感想!

男達の性欲を淫らに刺激する花嫁として作り上げられてしまったメリーは、処女絶頂と題された卑猥なる花嫁となり、アクリル板の檻の中で飾られてしまい、そのまま夫に買い上げられてしまうと、愛しき旦那様の花嫁となっていく第4話。

 

すっかりと身寄りのない薄汚れた少女が、卑猥なる牝の奴隷に仕立て上げられてしまい、男達の性欲を駆り立てていく、精液に沈められてしまう花嫁となるメリー。

 

アクリル板の中で、卑猥すぎる紐の下着姿で、荒縄に拘束されながら、吊るされて飾り込まれてしまうと、男達のオ□ニー対象とされながら、精液の匂いに包まれる日々を送る事になると、彼女の花嫁姿は最高のヌキどころとなっています。

 

そんな荒縄で縛られていく快感に目覚めてしまうメリーの前に、一人の男性が訪れ、彼女を欲しいとする男こそ、彼女の夫となるサルバトール伯爵だったのです。

 

卑猥なるメリーの姿にすっかりと憑りつかれてしまい、彼女を自分の花嫁として見受けしたいとする、そんな彼に買われてしまう事になった彼女は、その日の晩に、夫に全てを捧げ、彼の花嫁となってしまう初夜を迎える事になります。

 

待ちわびていたおチ※ポに処女を食い破られたことに、絶頂しながら感じてしまい、腰を動かして精液を求めてしまうと、牝の快感に包まれていく、そんな淫らな姿は、必見のヌキ所となっています!

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常を無料で読めるサイトはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の5話の内容をネタバレはこちら

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の3話の内容をネタバレはこちら

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキパールキの同人漫画の無料ネタバレはこちら