家畜の王と言う漫画の7話のネタバレとあらすじを結末まで紹介!

家畜の王と言う漫画の7話の内容をネタバレ

柚果とのセ〇クスの中で、突如として沸き出した性欲に駆られて、彼女を激しく求めてしまった優一は、解らない感慨を抱いたまま、自宅へと帰宅してみると、咲は夕食の準備をしてくれていました……

 

左目に眼帯を付けながら、腫れ込んだ瞼はとても痛々しく重く膨れ上がり、身体には残光の痛みが鈍く燻っており、何時もとは違い、動きにキレがなく、痛々しい痛みを堪えながら動く姉。

 

優一の前で気丈を振るい、痛みで衰弱している弱気な姿などを見せたくないと、あくまでも強気な姿勢で自分を貫こうとする姉の姿に、優一は、彼女が無理矢理に今の自分を繕っているようにしかみせませんでした……

 

咲は何かを隠していると察し、それがあのおぼろげな記憶の彼女の姿と関係しているのだと感じるも、何も訊ねられないまま、いつもの生活を続けていく彼は、彼女と食卓を囲みます。

 

夕食の中で、目の腫れをあくまでも誤魔化し続け、優一を助けた帰りに転んでしまったと、あくまで自分に真実を語ろうとしない咲の言葉。

 

嘘をついていると知っていても、何も答える事の出来ない優一は、その嘘を信じ、何も答えないまま、心に制御できない歪みが生じてしまいます。

 

柚果を抱いていた時に沸き出していた気持ち……

 

咲は、そんな弟の心境に気づくことはありませんでした……

 

 

家畜の王を無料で読めるサイトはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!

 

 

家畜の王と言う漫画の7話のあらすじを紹介!

柚果とセ△クスをしている中で、咲の事が思い浮かんでしまい、あれは夢ではなかったのかと、自分のチ□ポをあさましく膣肉が締め上げていく彼女の淫らな姿を見つめ、姉の事を考えていた優一。

 

あんなにも凛々しくて、強くて、誰からも慕われていた姉が、自分のチ〇ポで感じていた事を思い出し、心の内に沸き出す性欲は、何時もとは違う感覚が疼き出してしまいます。

 

性欲を誘惑してくる淫乱な乳房を掴み揉み上げながら、激しく腰を動かし、彼女の子宮に亀頭をめり込ませていく、優一のセ〇クスに驚きながらも感じてしまう柚果。

 

乳房をめり込むほどの握力で握りしめ、腰を動かしながら子宮を打ち付けてくる亀頭のうねりに、膣肉は淫らな快感に包まれていまい、子宮を破る勢いで小突いてくる亀頭の蠢きに、快感は増してしまい、そのまま遠慮なしに噴き出す優一の射精に柚果は絶頂を感じ、淫らな声を上げてしまいます……

 

中出しをされてしまい、子宮が白濁の精液を貯め込んでいき、熱に浮かされ、快感の余韻に酔ってしまう柚果……

 

とても気持ち良かったと、満足げな笑みを浮かべて優一に微笑んでくる彼女。

 

でも優一は、淡白な雰囲気で服を着替えていき、帰宅へと就いていきます。

 

見送る柚果の満たされた笑顔を見て、優一の心は満たされないままでした……

 

 

家畜の王と言う漫画の7話を読んでみた感想

柚果とセ〇クスをしている中で、考えてしまうのは、咲が自分のチ△ポで蠢いて悶えている姿と、優一の中で芽生えていく狂気と、不穏な雰囲気で物語が包まれていきそうな第7話。

 

柚果とのセ〇クスは激しくなってしまい、優一に跨って腰を振り悶えている彼女を咲と重ねて見てしまい、興奮してしまった優一のおチ□ポが、柚果の子宮を貫いてしまうと、激しいセ△クスが今回の見どころとなります。

 

何時もとは違う激しく求めてくれる優一のおチ〇ポのうねりに、柚果の子宮が淫らね快感に浮かされてしまい、中出し射精に、理性がとろけてしまう程に感じてしまうと、噴き出されていく精液を子宮に受け止めてしまい、気持ち良かったと喜ぶ彼女。

 

でも優一の心は何処か満ちていないと、満足の出来ないままで、彼は帰宅をするも、自宅には療養中の咲が、何事もなかったように夕食を作ってくれていると、彼の中に燻る不穏はさらに加速しようとしています。

 

優一を心配をかけまいとする姉の咲ですが、その優しさが裏目に出てしまい、物語はどこへと向かうのかと、エロさも注目出来ますが、ストーリーもどんな風に進んでいくのかと、今後の展開が気になる内容と、優一の思惑がどのように進んでいくのかと、注目な内容となっています。

 

 

家畜の王の無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!

 

 

家畜の王と言う漫画の8話のネタバレとあらすじを結末まで紹介!はこちら

 

家畜の王と言う漫画の6話のネタバレとあらすじを結末まで紹介!はこちら

 

家畜の王 漫画のネタバレとあらすじを結末まで紹介!はこちら