姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 7話の詳しいネタバレ/無料

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 7話のネタバレとあらすじ

こんにちは、ユウジです。

こちらのページでは姉はヤンママ授乳中in実家の7話のネタバレ、あらすじ、感想そして無料で読む方法などをお話していきます。

姉はヤンママ授乳中in実家チンジャオ娘先生エンガワ卓先生のタッグによる人気のエロ漫画で、配信されてから1年が経過するというのに今もなおエロ漫画ランキングの上位に入り続けている、ある意味モンスター的存在のエロ漫画になります。

 

元ヤンで姉のアイカが出産育児の為に実家に帰省して、パンツ姿で家中を歩き回る姿に我慢できなくなった弟のタクヤがアイカを押し倒してついに行くところまで(*´ω`*)

ベビーフェイスのアイカお姉ちゃんが気持ちよさそうに乱れまくってくれる姿をご堪能下さい。

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家の無料試し読みはこちら

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

アイカの喘ぎまくる姿をご堪能下さい(*´▽`*)

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 6話の詳しいネタバレ/無料はこちら

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 7話のあらすじ

拓也がアイカの寝室に忍び込んでから数日が経ちました。
今度はアイカが拓也の部屋に行く事になりました。

建前は、拓也の精子を抜いてあげないと夜中に来られると困ると言う事でした。

拓也はそれに満足しています。
しかし実はアイカもセ〇クスがしたかったのではと思いこんでいます。

その日も子供が寝た後にアイカは拓也の部屋に行き、セ〇クスをしていました。
早く出して、子どもが起きない様に部屋に戻りたいアイカです。

ディープキスをしながら、拓也が果てるのを待っています。
するとそこにダイキが寝ぼけながら入ってきました。

慌てる二人です。

ダイキは目をこすりながら、何をしてるの?と尋ねます。
以前にも大輔とアイカのセ〇クスを見た事がある様子で、同じ返答のプロレスをしていると咄嗟に返答しました。
ベタだなと思う拓也です。

ダイキがドアの所で立っているのですが、拓也はチ〇ポを抜こうとしません。
アイカも体を離そうとしません。

そして、寝ぼけているダイキと話しをするアイカに、拓也は下から突き上げます。
チ〇ポが入っている状態でそんな事をされて、アイカは悶えてしまいます(*´▽`*)

ダイキは寝ぼけているからとダイキは動くのを止めません。
ぐちゅぐちゅ音を立てながら、ダイキの前でセ〇クスを続けます(´▽`*)

その動きでアイカはイキそうになります。
拓也もイキそうです。

兎に角、ダイキの前だから止めてとアイカは言います。
拓也はイってあげるから中に出してもいいかと交渉してきます(^^;)
アイカは兎に角この状況をどうにかしたいと思い、承諾します。

こうして、最後の一突きで二人は同時に果ててしまいました。
息子の目の前で中だしされて・・・。
アイカはやっぱり気持ちが良い事に抗う事は出来ませんでした。

アイカの説得もあり、ダイキは一人でトイレに行って、部屋に戻る事が出来ました。

 

その一件以来、アイカと拓也のセ〇クスは大胆になってきました。

時間を問わず、アイカに抱きついてはパンツをズラしてもらいます。
その日もセ〇クスをしようかとアイカがズボンをズラした時に、丁度ダイキが戻ってきました。

泥んこになったダイキにアイカは入浴を勧めます。
ダイキは少し悩んでから「タク兄も一緒なら入る!」と答えました。

こうして、ダイキの一言もあり・・・。

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 7話のネタバレ

アイカは拓也の性欲を抜く為、拓也の部屋に行く様になりました。
夜に拓也に忍び込まれるのが困ると言っていますが、拓也とセ〇クスしてるアイカは満更でもありません(*´▽`*)

拓也の上に乗って、下から拓也に突かれて感じてしまいます。

気持ちの良い所に丁度当たって、いやらしい声を漏らしてしまいます(*´ω`*)
このまま突かれるとイってしまいそうな時、急に拓也の部屋のドアが開きました。
そこに居たのはダイキです。

夜中におしっこで起きると母親のアイカがおらず、アイカを探して拓也の部屋まで辿り着いたのです。

がっつり息子に見られる二人ですが、体を離そうとはしません。

どうにか、この場をやり切りたいと体をくっつけたままアイカはダイキと話します。
プロレスをしていると誤魔化したのですが、アイカに小さい頃プロレス技を掛けられた事を思い出した拓也は急に腹が立ってきました。

まだ、ダイキがそこにいると言うのに、拓也はアイカを突きます(´▽`*)
急にセ〇クスが再開し、アイカは悶えてしまいます(*´ω`*)

止めろと言うのですが、拓也は一向に止める気配はありません。

そして、中に出したいと言い出したのです。
ダイキに見られているこの状況を打破したいアイカは生返事をしました。
兎に角果てて欲しいと願い、中に出す事を許諾するのです。

拓也はそのチャンスを逃しません。
何度か腰を動かして、二人で果ててしまいました。
アイカはダイキの目の前で、旦那でない人にイカされてしまったのです(*´▽`*)

それからの二人は以前よりも積極的になりました。
一度見られてしまったなら、二回も一緒という感覚があるのでしょうか。

それからというもの拓也は日中、ダイキが居る所でも挿入しようとしてくるのです。
そして、アイカもそれを許し・・・。

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家の無料試し読みはこちら

      ▽   ▽   ▽

        クリック!

アイカがエロ~く悶えてくれるんです(*´ω`*)

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 7話の感想

今回は、セ〇クスしている所をアイカの息子のダイキに見られてしまいます。
小学生位のダイキはまだ、二人が何をしているのか分かっていません。

普通なら、子供が来た段階で止めるのですが、拓也にはその選択肢がありません。

アイカがダイキと話している間も、意地悪そうに突いてくるのです。
ダイキを目の前にアイカは喘いでしまいます。

母親でありながら、一人の女であるアイカの意識の半分以上はセ〇クスにあるみたいです。
二人が裸で接触している事を、アイカはダイキにプロレスをしていると誤魔化しました。
どっちが勝っているの?と子どもらしく話しを合わせてきます。

何度か突かれた後、アイカと拓也は一緒にイッてしまいました。

息子が居ても、セ〇クスを続ける事が出来る二人に、驚きを隠せません。
特にアイカは息子に絶対に見られたくないと言っていた割に、続けてしまうんだなと感じました。

その一件があってから二人はいよいよ積極的になりました。
ダイキが夏休みになる前と同じです。
日中の家の中なら、所構わず拓也はアイカを求めるし、アイカはそれに応えました。

二人は、実家の中でセ〇クスする事に抵抗感が減った様子です。
ただ、次男のユースケとは違い、認知能力もしっかりあるダイキです。
ダイキに構わずセ〇クスする事は出来ません。
一応はダイキの居ない時を見計らってセ〇クスをするようになりました。

ある日もこっそりセ〇クスをしようかとアイカがズボンを下ろし掛けた時にダイキが入ってきました。

そして、ひょんなことからダイキとアイカ、拓也の三人でお風呂に入る事になったのです。
何か起こらない訳がないと思います。

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 無料 ネタバレはこちら

 

姉はヤンママ授乳中in実家 エロ漫画 8話の詳しいネタバレ/無料はこちら